仕事の内容

薬剤師として働く仕事の内容に関しては、薬の調合や研究を行うのは仕事になります。そのため薬に関しては、どのような状況で服用すればよいか患者に説明する服薬指導を行います。調剤薬局に勤務している場合には、医師が処方した処方箋に基づいて薬の調剤を行います。その時に医師の指示した薬に関して患者にとって問題がないか確認の作業を行います。このような仕事を調剤薬局で行うことになります。

病院に勤務する薬剤師の場合には、内服薬の管理だけでなく注射液や点滴に関しても薬剤師が管理することになります。患者に合わせた様々な薬を用意するのが仕事となります。また、近年増えている研究機関や製薬会社に就職する薬剤師が増えておりこれらの就職先では薬に関する研究を行う仕事になります。

調剤薬局と同じように多くの薬剤師の求人募集があるのがドラッグストアになります。ドラッグストアに関しては調剤薬局を併設している場合やドラッグストアだけ営業している場合があります。ドラッグストアだけの場合では、調剤薬局のように医師の処方箋がないためお客に適した薬を供することになります。そのためこの客の症状や希望なども聞いて適切な薬を提供する知識が必要となります。

薬剤師の就職先

薬剤師として働く場合には一般的に、就職することになります。1番多く就職先としては、薬局または調剤薬局に就職する人が圧倒的に多いです。薬を調剤するのが薬剤師の仕事になるため多くの薬剤師が調剤薬局やドラッグストアに該当する薬局に就職することになります。薬局等に関しては多くの求人募集があり、就職する薬剤師にとって有利な就職先に該当します。

病院で働いている薬剤師も多く存在しています。病院の中に調剤薬局を設置している場合には薬剤師が必要となり薬を調剤するための業務を薬剤師が行います。しかし、病院の中に調剤薬局を設置している病院よりも病院の近所に調剤薬局がある病院が増えています。そのため病院も調剤薬局を利用する方法に変更している病院があります。しかし、入院患者等が入る大きな病院に関しては薬を病院内で服用させる必要があるため薬剤師が勤務しています。

最近増えてきているのは研究機関に就職する薬剤師がいます。製薬会社や大学の研究機関に該当しますが、薬を調剤して処方するよりも研究することを目的として就職することになります。競争率が高い就職先となるので、高学歴な人ほど採用されやすい就職先になります。また最近では在宅医療や介護老人保健施設などの施設に薬剤師として就職する方法があります。

薬剤師の転職に向けた求人サイトもあるので、就職・転職の際はそういったサイトを参考にしてみるのもいいでしょう。希望の勤務先や待遇などを元に求人情報を探せるだけでなく、コンサルタントのサポートが受けられる場合もあるので、就職がスムーズになります。