薬剤師国家試験

薬剤師として働くためには薬剤師国家試験に合格して、その後薬剤師名簿に登録することで厚生労働大臣より薬剤師の免許が与えられます。この薬剤師の免許を与えられたことにより薬剤師として働くことができる職業になります。薬剤師の国家試験は、大変難しい試験になりますが現在では平成24年から、前年の薬剤師国家試験出題基準改定により6年制課程修了者向けの出題基準に変更されています。

一般的な受験資格としては、都築学園第一薬科大学のような薬学が学べる6年制課程を修了した人または旧4年制を卒業した人が受験できる試験になります。出題形式はマークシート方式の筆記試験となっており広い範囲の出題となっています。薬剤師国家試験の合格率は、新しく改定された平成23年の試験からの平均合格率は、72%ですが直近の合格率は62%となっております。国家試験の薬剤師試験に関しては、合格率が大学によって違いがあるため合格率の高い大学に入学して勉強することも薬剤師国家試験の合格に有利になります。

薬剤師国家試験の受験者数は、平成22年第97回の試験から減少傾向から増加傾向になっているため合格する人も増加していることになります。また、薬剤師の就職に関しては、企業よりも就職希望者の方が有利な状況にあります。