薬剤師国家試験

薬剤師として働くためには薬剤師国家試験に合格して、その後薬剤師名簿に登録することで厚生労働大臣より薬剤師の免許が与えられます。この薬剤師の免許を与えられたことにより薬剤師として働くことができる職業になります。薬剤師の国家試験は、大変難しい試験になりますが現在では平成24年から、前年の薬剤師国家試験出題基準改定により6年制課程修了者向けの出題基準に変更されています。

一般的な受験資格としては、都築学園第一薬科大学のような薬学が学べる6年制課程を修了した人または旧4年制を卒業した人が受験できる試験になります。出題形式はマークシート方式の筆記試験となっており広い範囲の出題となっています。薬剤師国家試験の合格率は、新しく改定された平成23年の試験からの平均合格率は、72%ですが直近の合格率は62%となっております。国家試験の薬剤師試験に関しては、合格率が大学によって違いがあるため合格率の高い大学に入学して勉強することも薬剤師国家試験の合格に有利になります。

薬剤師国家試験の受験者数は、平成22年第97回の試験から減少傾向から増加傾向になっているため合格する人も増加していることになります。また、薬剤師の就職に関しては、企業よりも就職希望者の方が有利な状況にあります。

薬剤師の仕事

高齢化が進んでいる日本では、病院に通院する人が増加していく傾向にあります。年齢を重ねるごとに内蔵や肉体に病気が発症することが増えていきます。また、普段から予防のために薬を内服する人もいます。昔の病院等と異なり現在の病院等では、薬剤師が調剤する医薬品に関しては、調剤薬局等で処方してもらう病院が増えています。そのため、病院で治療費用支払う時に薬を購入することが今では調剤薬局で薬を購入することになります。

病院等の近くに調剤薬局が営業を行っています。病院と調剤薬局の組み合わせにより治療とその後の薬を入手することになりますが、調剤薬局では、医師ではなく薬剤師が薬を処方して患者に渡すことになります。昔は病院に勤務している薬剤師が多く存在しており薬剤師の必要な医薬品を販売している薬局は少なかったです。今ではどこの薬局でも薬剤師が勤務していて、より効果のある薬を購入することができます。

今では薬剤師として働くことができる場所が増えている状況にあります。また、調剤薬局を経営する場合には薬剤師が必ず最低1人は必要なため薬剤師の求人が多く行われております。しかし、薬剤師として働くためには薬剤師の国家試験に合格しなければ薬剤師として働くことができないです。また、日本の薬剤師は医師の薬に関する権限が集中しており薬剤師の権限が低くなっていますが、最近では諸外国並みの権限を持つようになってきています。次のページからこの薬剤師について説明させていただきます。